FF14 パッケージ

グラボなしでも「ファイナル ファンタジー 14」を快適にプレイできるのか?ベンチマークを計測した結果

2017年9月21日

遅ればせながら、第4世代のCore i7-4790を搭載したデスクトップPCで「ファイナル ファンタジー 14 紅蓮のリベレーター」をプレイしています。CPU自体はやや古いですが、Passmarkベンチでは11,193を出す、そこそこ良いCPUです。

それでも流石にグラボなしなので、解像度を落とし、重くなる処理は全てオフにして遊んでます。フレームレートは20fpsを下回ってますが、PS3くらいのクオリティは出てる感じ。

そんなある日、最高品質でも意外とイケるんではないかと思いたち、試しにベンチマークを走らせてみました

システム環境

OS:Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.16299 Build 16299)
CPU:Intel Core i7-4790 CPU @ 3.60GHz
RAM:16GB(16290.324MB)
グラボ:NVIDIA GeForce GT 1030(VRAM 1992 MB)

ベンチマーク 驚愕の結果が明らかに

最高品質、Direct 11、解像度1920×1080でベンチマークソフトを走らせてみた結果がこちら。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

SCORE:782
平均フレームレート:4.462
評価:動作困難
-動作に必要な性能を満たしていません。

ローディングタイム:273 sec

フレームレート4.46の衝撃。ベンチマーク計測中の画面が既にカックカクでした。最高品質で遊ぶには、全然足りなかっという結果に。
やはりグラフィックボードは必要のようです。一応メモリは16GB(DDR3)ありますが、SSDはなくHDDです。

FF14 普段のプレイ環境

設定を低くすれば取り敢えずFF14のプレイに支障ない。ということで、普段の私のプレイ環境のベンチマークがこちらです。

高品質(ノートPC)ウィンドウモード 1280x720 ベンチマーク

SCORE:2365
平均フレームレート:15.695
評価:普通
-標準的な動作が見込めます。
ローディングタイム:116 sec

まとめ

CPUがパワフルだろうとグラボがないと話にならないという結果に。という訳で、次回はグラボについて調べたい。

もっと詳しく

もっと詳しく

  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。