GT1030 Steam ガジェット ゲーム

【検証】Steam版「ドラクエ11」は『Nvidia GeForce GT 1030』で快適にプレイできるのか

2021年8月31日

ドラゴンクエスト 11(DQ11)最低画質

Steam版「ドラゴンクエスト XI」(以下、ドラクエ11)をエントリーレベルのグラフィックボード『Nvidia GeForce GT 1030』で快適にプレイできるかどうかを検証してみました。
グラフィック設定を変化させたときのグラフィックの変化とfpsの変化を比べています。

結論から言うと普通にプレイ可能です。

ちなみにドラクエ11のシステム要件は下記の通り。

OSWindows 10 64-bit
プロセッサーAMD Ryzen 3 1200
Intel Core i3-3330
メモリー:8 GB RAM
グラフィック(最低)AMD Radeon R7 260X / NVIDIAR GeForce GTX 750
(推奨)AMD Radeon R7 370 / NVIDIAR GeForce GTX 960
DirectXVersion 11
ストレージ40 GB 利用可能
追記事項 60 FPS @ 1280x720. 本タイトルはXINPUTのゲームパッドに対応しています

Intel Core i3-3330でよいというあたり、比較的軽めのゲームであることが伺えます。

当方の環境は以下の通りです。

システム環境

OS:Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.16299 Build 16299)
CPU:Intel Core i7-4790 CPU @ 3.60GHz
RAM:16GB(16290.324MB)
グラボ:NVIDIA GeForce GT 1030(VRAM 1992 MB)

ドラクエ11のグラフィック設定項目

ドラクエ11の設定項目は少ないです。

ドラゴンクエスト 11(DQ11)グラフィックオプション


アンチエイジングクオリティに関してはOFFを含む7段階、ポストプロセスクオリティとシャドウクオリティに関しては3段階の設定があります。

ドラクエを実際にプレイして検証

解像度については1920x1080、フルスクリーンモードでの検証になります。

最低画質でのプレイ

アンチエイジングクオリティをオフに、 ポストプロセスクオリティとシャドウクオリティを最低の1にしてみました。FPSは49-53といったところ。全体的に影が少ないです。そこそこ快適にプレイ可能です。

ドラクエ11 最低画質のスクリーンショット
ドラクエ11 最低画質のスクリーンショット

低画質でのプレイ

アンチエイジングクオリティを1に、 ポストプロセスクオリティとシャドウクオリティを最低の1にしてみました。 FPSは46程度をウロウロ。やや影が深くなりました。

ドラクエ11 低画質のスクリーンショット
ドラクエ11 低画質のスクリーンショット

中画質でのプレイ

アンチエイジングクオリティを3に、 ポストプロセスクオリティとシャドウクオリティを2にしてみました。 FPSはややダウンして38-40程度です。

ドラゴンクエスト 11(DQ11)中画質
ドラクエ11 中画質のスクリーンショット

最高画質でのプレイ

アンチエイジングクオリティを6に、 ポストプロセスクオリティとシャドウクオリティを3にしてみました。 FPSはあまり変化なく36-37程度です。

ドラクエ11 最高画質のスクリーンショット
ドラクエ11 最高画質のスクリーンショット

Steam版「ドラクエ11」は『Nvidia GeForce GT 1030』で快適にプレイできるのか 結論

ドラクエ11は比較的軽いゲームなので設定を低めに抑えると快適にプレイ可能です。低めでもそこそこのグラフィックは維持してくれます。

そして中画質以上は背景がほんのり変わる程度で、あまり劇的な変化はありません。個人的にはGT 1030でも充分ではないかと思います。

このページでは生活に役立つトピックを扱っています。ぜひ一度トップページもご覧ください。
トップページ

最近の記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

気になったことはやってみないと気が済まないアラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』を運用しています。

-GT1030, Steam, ガジェット, ゲーム