珈琲

ハンドドリップコーヒーのすすめ 必要な道具などを紹介

2016年1月22日

時間があるときはハンドドリップで淹れるコーヒーもいいものです。そんなハンドドリップに必要な道具を紹介したいと思います。

コーヒーミル

コーヒー豆を挽くためのコーヒーミル。大きく分けて電動と手動のものがありますがそれぞれのメリットとデメリットについてまとめていきます。

電動ミルのメリット・デメリット

電動ミルのメリットは言うまでもなく豆がラクに速く挽けることに尽きます。

デメリットは音がうるさい、コンセントに挿すのが面倒、丸洗いできないため手入れが面倒なこと。

コーヒーを挽くときに発生する熱がコーヒーの味と香りを損なうため、電動ミルは摩擦熱の出にくい手動ミルに劣ると言われています。

電動ミルでは熱の発生を抑えるため小刻みに挽いていくのがポイント。3秒挽いて3秒休むを繰り返す

挽き具合ですがペーパーフィルターの場合は細かく挽きすぎると湯の通過が速くなり味が薄くなるので中挽きで。

基本細く挽くのはエスプレッソの場合のみ。フレンチプレスやペーバーフィルターを使わないフィルターのものではやや粗く挽きます。

電動ミルはカップが分離して洗いやすいものがおすすめ!

手動式のコーヒーミルのメリット・デメリット

手動式のコーヒーミルは挽くのが面倒というのがデメリットで静か、コンセントに刺さなくてもいいので置き場所が自由、味が若干いいというのがメリットになります。

手動式ミルは昔ながらのこういったデザインのものやスタイリッシュなものまで様々。

手動式ミルの場合はゆっくり回すと熱が出にくくなります。

ドリッパーについて

ドリッパーはフィルターをセットするための道具です。ドリッパーにも様々な種類があり、違いは

  • 穴の数
  • 形とリブ(内部の溝)
  • 素材 セラミック、樹脂、ガラス、銅など
  • フィルターの有無

の4つ。ドリッパーによって酸味や深み、香り、味わいもかなり違うみたいです。

ドリッパー 形とリブの違い

穴の数は1つか3つが主流

原則として穴が1つなら湯がゆっくり落ちるので濃い目のコーヒーに、穴3つなら早く落ちるので薄めのコーヒーになります。同じ理由で穴が大きい方が薄めになります。

形は大きく台形か逆円錐かに分かれます。台形なら広範囲に、円錐なら直線的に湯が落ちます。また円錐でも斜めにリブがあるとそれだけゆっくりと湯が落ちるということになります。

素材についてはあまり味に差はないようですので好みということになります。熱伝導/保温性などの違いがあるかもしれませんが今のところそこまでこだわるつもりはありません。

紙フィルターが不要

通常のドリッパーは紙フィルターが必要ですがHARIO(ハリオ) ダブルメッシュメタルドリッパーのように紙フィルターが不要な商品もあります。
紙フィルターが切れたという心配がないほか紙フィルターを使わないことでコーヒーアロマが抽出できるため味が異なるとか。
一方、豆を細かく挽かないと湯が早く落ちすぎる。かといって細かくしすぎると微妙に粉が混じるといったこともあるようです。

コーヒーサーバー

ドリッパーを使う場合コーヒーサーバーがあったほうが便利です。一般的なコーヒーサーバーといえばこんな感じのものですが

ドリッパーに強いこだわりがあるという訳でなければ、ドリッパーとサーバーが一体になった一体型が収納面で便利です。

一体型といってもドリッパーが内蔵出来るというだけなのでサーバーとしても使うことが出来ます。

またドリッパー部分は外せるので衛生面も問題なし。基本これを使いドリッパーは買い足していくという使い方をすることも可能です。

おしゃれなコーヒーサーバー

一方、少しお値段上がりますがデザインにこだわるならばこんなものもあります。

ややお値段は上がりますが人気ナンバーワン・ドリッパー、紙フィルター不要タイプのハリオ カフェオール ドリッパー 02を内蔵したものも。

収納性にこだわるかデザインにこだわるかでいろいろと選択肢はあると思います。

コーヒーケトル

ドリップの必須道具、ドリッパーに湯を注ぐコーヒーケトル。ガス火の他IH対応のものや電気ケトルタイプがあります。

好みでよいですが湯を沸かせる量はよく確認すべし。

定番のカリタ IH対応

私はベストセラーの「ハリオ V60 ドリップケトル ヴォーノ(800ml)」を選びました。

幅は27センチですが、これより小さいのがなかなかありません。これは800mlタイプで、幅27センチ。幅は注ぎ口から取っ手までの長さです。これより小さいタイプ「ハリオ V60 ドリップケトル ヴォーノ(600ml)」があるのですが、800 mlのものと比べて高さは1センチ低いものの、奥行きはほぼ一緒で、何故か幅が29.5センチという謎設計。しかも250円程高いし。表記の間違いかと思い別の場所でも調べましたがやはり間違いではないようです。本当に謎・・・

まとめ

やはり道具にもこだわるといつものコーヒーも味わい深くなります。休日の朝、たまにはハンドドリップで淹れたコーヒーを飲むのもよきものです。

  • この記事を書いた人

roche

-珈琲
-

おすすめの記事

UCC 職人の珈琲 深いコクのスペシャルブレンド

2022/4/15

『UCC 職人の珈琲 深いコクのスペシャルブレンド』を飲んだ感想

[UCC 職人の珈琲 深いコクのスペシャルブレンド』を飲んだ正直な感想です。

KEY-COFFEE-GRAND-TASTE

2022/4/15

KEY COFFEE GRAND TASTE (キーコーヒーグランドテイスト)を飲んだ感想

キー コーヒー グランド テイストを飲んだ正直な感想です。