Windowsの『スマホ同期』が出来ないときの対処法

2020年11月6日

iPhone 8からPixel 5へ乗り換えましたがやってみたかったことの1つがAndroidスマートフォンとWindowsの連携。

iPhoneもWindowsと連携させることはできるのですが、使える機能が何もないので全くの無意味。

その点Androidスマホなら

  • 通知を受け取る
  • メッセージ(SMS)のやり取りができる
  • スマホの写真にアクセスし、保存したり『フォト』アプリで開いたりできる
  • PCで電話をかける操作ができる

など一通り欲しい機能が備わっています。

PCでの電話の操作

通話自体はスマホで行いますが自動的にスピーカーモードになります。PCから手を離さず操作可能で便利です。

特に2段階認証などではSMSにコードが送信されるためiPhone時代はいちいちiPhoneを開いて確認する必要がありましたがAndroidならPCから手を離さずに確認することが可能です。

そんな便利な『スマホ同期』、Pixel 5を接続自体はすんなり出来たのですが、通知などを最新の状態にしようとするとエラーが出て使えず。Pixel 5の問題かと思いましたが違いました。

解決策を書きます。

Windowsのバッググラウンドアプリの設定で『スマホ同期』をオンに

原因はバックグランドアプリの[スマホ同期]の項目がオフになっていたこと

以下、有効化する手順です。

step
1
[スタート] を選択し (またはキーボードの Windows ロゴ キーを押し)[設定]>[プライバシー]>[バックグラウンド アプリ] の順に選択

プライバシーを選択
バックグラウンドアプリを選択
バックグラウンドアプリを選択

step
2
[バックグラウンドでの実行を許可するアプリを選んでください] の一覧で、[スマホ同期] がオンになっていることを確認

単純な落とし穴ですが、解決策を見つけるまで結構時間がかかりました。これでダメなら以下のリンクが参考になると思います。

  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。