娘の国語のテスト

小学校2年生の娘の国語のテストを偶然見てしまいました。擬音を問う問題だったのですが、娘が独特のセンスを持っていることが判明。

問1.木の葉が□□□□落ちる
問2.寒くて□□□□震える

□□□□の部分に擬音を入れるのですが、娘の答えが

答1.木の葉がさわさわ落ちる
答2.寒くてうろうろ震える

どちらも〇になっていました。まあ間違いとも言い切れない。だれがヒラヒラやブルブル、ガタガタって決めたんだ、ってね。そこだけ赤ペンで先生のコメントが書いてありました。そこには「なるほど・・・」とありました。

(Visited 126 times, 1 visits today)