ウイイレ2021とFIFA 2021を比較~Steamで両方やってみた感想

ウイイレ2021とFIFA 2021を比較~Steamで両方やってみた感想

2021年2月12日

いつも通り『eFootball ウイニングイレブン 2021 Season Update』(以下「ウイイレ」)をプレイしていたのですが、気になっていた『FIFA 21』がセールになったので買ってみました。

実際にプレイして感じた、それぞれのいいところと悪いところを書いてみようと思います。

プレイ環境
●Windows 10●Core i7-4770●RAM 16GB●NVIDIA GT1030

NVIDIA GT1030という安いグラボを使っていますがウイイレ・FIFAともに最低画質なら解像度1920 x 1080でもなんとか60fpsをキープ。やはり動きの激しいゲームでは60fpsは欲しい。

※ちなみにウイイレの「Season Update」の意味はシステムはウイイレ2020のまま選手だけアップデートしたものという意味です。その分価格が安くなっているのだと思います。

ウイイレとFIFA プレイに関して

FIFA21のよいところ

実際にFIFA 21をプレイして感じた良いところは、選手のポジションやオフザボールの動きを細やかにエディットできるところ

フォワードの場合は

  • 前線に張る / 守備に戻る
  • ワイドに開く / 中に絞る
  • 裏を狙う / 足元にボールを要求
  • 少し下がってボールを貰いに行くか(偽9番)
  • ボールカットへの積極性

などの選択肢があり、前線の足を速い選手なら裏を狙わせる、長身の屈強なフォワードなら中央にポジショニングしてターゲットマンになり、ウイングを前に走らせる、など戦術の幅が広がります。

中盤の選手だと

  • サイドをケアする / 中央に絞るか
  • パスコースを切りに行く / マンマークに行く
  • クロスを上げたときにPAに飛び込んでいく / サイドでこぼれ球をケアする

などの選択肢があります。サイドバックに関しても前に行くか引くか、サイドライン際を駆け上がるか中へ切り込むかなどが設定可です。

前線の選手の場合は守備に戻る・バランス・前線に張るというポジショニング設定が可能なので、前線に2枚だけ残してあとは守備を固め、縦パス一本のカウンターを狙うなどといったこだわりのあるプレイが可能。

球種も豊富でパスならちょっと浮くパス、速くて強いパス、高精度のパス、ロブパス(高さ2種類)やトリックパスがありまず。シュートは低弾道シュートや高精度(コントロールカーブ)シュート。叩きつけるヘディングもあります。

そしてウイイレとの最大の違いを感じたのは守備の難易度

FIFA 21の守備は高難度。ウイイレのようにパスコースを切りつつ、プレスを押しっぱなしで味方をプレスに行かせてカットできるということはありません。FIFAはプレスボタンを押しっぱなしにしても近く(2~3mくらいまで)に寄るだけで、ボールはカットできない仕様になっています。

ともぞう

この守備のやり方は最初はひどく戸惑いました。

FIFAの守備は「L2ボタン」で相手選手とボールの間に体をうまく入れるか「□ボタン」でタックルをしてボールを奪うのが基本動作なのですが、闇雲にタックルをしてもかわされるか、ファールをとられるだけ。

相手がトラップした瞬間やボールが体から離れた瞬間にタックルをするとボールを奪取できる確率が高いのですが、結構タイミングがシビアです。その分、タックルが成功してボールを奪取できたときは嬉しい。

その他FIFAの良いところは、選手交代場面などバシバシスキップできてテンポがよく、スローインでボールを取りに行くところや、フリーキックでボールをセットするところもスキップすることができます。また、FIFAのキャリアモード(ウイイレのマスターモードに相当)では例えば前半で4-0になったときなど試合が決した場合は試合終了までスキップすることが可能です。

さらに選手が走るスピードやパスミス率、パスやシュートのスピードなど設定が可能。好みのゲームスピードでプレイすることが出来ます。デフォルトだとややもっさりしているので、若干スピードを上げると快適にプレイできると思います。

FIFA21のイマイチなところ

FIFA21はゴールを決めたときの爽快感が薄めです。実況も多くの場合非常にあっさりしていてゴールしても

実況

「ゴール。」

解説

「決まりましたねー。」

などテンションはゴルフ実況でパーパットを決めたくらいの感じでやや盛り上がりに欠けます。

「ゴール」と言ってくれればまだ良いのですが、先制点を決めたときは「リードを奪いました」、点差があるときは「喜びも束の間、また次のゴールを奪わなくてはいけません」などといったコメントも多く、まずは「ゴール!」って言ってくれない?と言いたいところ。

そしてなぜか相手のゴールが決まったときの方がテンション高めな場面も多々あり。敵が決めたときに「イエスっ!!!」と絶叫されると「…」という気持ちに。





またFIFA 21には選手の調子という概念がありません

ウイイレのマスターリーグに相当するキャリアモードでは調子という概念がないため必然的にスタメンが固定されますが、サブの選手は起用が少ないと不満を募らせ能力にマイナス補正がかかる上、自ら移籍の道を探ります。そうなるとますます出番が少なくなります。ここはマイナスポイント。


選手の顔ですが日本人選手は全く似ていない人が多い(似せる気もない模様)。私の好きなグリーズマンは似てるといえば似ていますが、なんか目が怖い 笑

griezman fifa 21

顔のクオリティはウイイレが圧倒的に高いです。まあ選手名がFIFAの方が多いので仕方のない部分はありますが。特にラ・リーガ2部の柴咲も誰?ってレベル。FIFAにはJリーグもありますが顔には全く期待しない方がよいと思います。

FIFAに選手固有のゴールパフォーマンスの種類が豊富なのはGood。グリーズマンの場合は電話ダンスみたいなの含め4種類くらいあります。ゴールを決めたあと「Aボタン」を押しっぱなしにすると選手固有のアクションになります。この挙動は結構リアルです。


最悪なのがPK。対人戦が特にひどく、蹴る方向をスティックで決める際スティックの動きに合わせて選手の顔も動くアホ仕様。コースが読まれます。

コースを打つと見せかけて急遽反対側にスティックを移動させるのが難しいので、結局コース通り打つか途中でスティックを放して真ん中に蹴りこむかの2択になりがち。

ウイイレのよいところ


ウイイレ最大の魅力はなんと言ってもゴールを決めたときの爽快感。熱い実況も一役買っていると思います。



さらに良いと感じるかは人によるかと思いますが、戦術の管理がFIFAに比べてラクです。
選手ごとの設定は出来ませんが、チーム戦術は豊富なのでやりたいサッカーをすることは十分可能です。




また、全体のチーム戦術とは別に守備と攻撃それぞれ2パターンの戦術を設定することが可能です。
守備だとスルーパス警戒やクロス警戒、ゲーゲンプレスなど。攻撃なら偽9番や偽サイドバック、サイドボールロールなどが用意されています。

これらの戦術は十字キーでオン・オフの切り替えが可能。さらに攻守レベルも調整でき、各選手がレベルに応じた動きになります。

ウイイレはチーム戦術を設定するとチーム戦術に応じた動きをオートでやってくれるイメージ


FIFAは選手へ指示を与えることで戦術をより細かくカスタマイズ出来ますが、フォーメーションを変更すると選手に設定した戦術がデフォルトに戻ってしまうので再設定せねばならずちょっと面倒。
さらに試合中に5つの攻守レベルがあるので、これらをフルに活用する場合、それぞれの攻守レベルで各選手へ指示を設定することになります。

これを面倒と感じるかどうかはプレイヤー次第。

ウイイレは選手それぞれに対する設定がいらないのでラクといえばラクですが、逆に物足りなく感じる人もいるかも知れません。


ウイイレのダメなところ


逆にウイイレシリーズの最大の問題は審判がひどいところ。


味方選手は相手をちょっと押しただけですぐに笛を吹かれますが、味方選手が裏抜けしてゴールキーパーと1対1の場面でも追いつかれたら最後、相手選手が背後からスライディングをかましてきて確実に倒されます。そしてファールはとってくれません

味方がやったら一発レッドだと思います。終了間際で勝ち越せるチャンスなどでこれが出ると興ざめ。

FIFAシリーズもバグ?と思うところもあります。今までは半信半疑だったのですが昨日相手が大きくサイドラインにクリアしたボールが何故か相手ボールへ。これで確信しました。



更にゴール前でフリーキックを与えたら最後2部のチームでもFKの名手揃いで8割方決めてきます。ゴール前でFKとられたら諦めムード。



後はよく知られたとおりウイイレはライセンスが少なくチーム名が変な偽名(レアル・マドリード→マドリーチャマルティン)になります。
ただし、この点はある程度エディットで対応出来ます(FIFAは不可)。

総括

プレイに関して言えば、あまり細かいことは考えずにサッカーゲームがしたいなら断然ウイイレ。戦術にこだわりまくって狙いがハマったときにニヤリとしたいならFIFAという感じです。

UIに関して

インターフェイスはウイイレの圧勝。FIFAはお粗末で全く話になりません。よくもこんなヒドいUIのゲームを作ったもんだ。初めてみたときは目を疑いました。
論より証拠、これを見てください。


信じ難いことにチーム名やリーグ名などすべて半角カタカナ。「レガネス」が「レガネス」みたいになります

フォントも中華製電化製品の説明書に使われるようなヘンなフォントでサイズ感もチグハグ。デザイン性は皆無です。

このクソダサUIは見てるだけで腹が立ちます

調べたのですがチーム名など変更は不可。したがって幾分マシな英語表記にすることが不可能。これで我慢してプレイするか、あるいはいっそ英語モードでプレイするかどちらかです。英語モードは若干ストレスがありますが、このUIを見るよりマシなので英語モードプレイしています。



定価¥10,000だし絶賛する人も多いので、さぞかし素晴らしいゲーム体験になると思ったらなんだこのデザインは。全く恐れ入った。30年近くゲームをやってますが、こんなにヒドいUIのゲームは初めてです。

さらに選手名は全て英語表記なので選手名が分かりづらいこともしばしば。特にドイツ人選手はGötzeがゲッツェなど難解。実況の音声で聞いて初めて分かることが多いです。



またマスターリーグに相当するキャリアモードですが、移籍がやりにくい。とにかく「スカウトコマンド」を実行して一定の日数が経過するまで、選手の能力や移籍金などが不明。従って能力や移籍金で条件をつけて選手を検索することができません。

ともぞう

キャリアモードの移籍は最初やりにくいと感じましたが、馴れてくるとこれはこれでありかなと思うようになりました。スカウトで能力を調べ、ボーナスや週料など細かく交渉することが可能です。

一方のウイイレはさすが。安心して見てられますね。確実に進化を重ねています。FIFAのやる気の感じられないUIとは大違いです。


さらにFIFAのキャリアモードは1日ずつ進めてトレーニング(ミニゲーム)を時折やらないと選手が育ちにくい仕様。日にちを試合日までスキップしたいときは、一旦「カレンダーモード」にして日程を進めなくてはいけません。面倒くさい。

[FIFA 21]このカレンダーモードでスケジュールを進めていく
一方、洗練されたUIのウイイレのマスターモード

ウイイレは試合後、自動的に次のゲーム開始時までスキップしてくれる親切設計です。

オンライン重視かオフライン重視か


FIFA、ウイイレ共にオンライン対戦に対応していますが、オンライン対戦がやりたいならFIFA 21がおすすめです。ウイイレのオンライン対戦はシンプルに過疎っていて、なかなか同じレベルの人とマッチングしません。

FIFA 21のオンライン対戦に、カードを集めてチームを作って戦うDivision Rivalsというガチモードがありますが、COM相手に格下のクラブで格上のクラブにワールドクラスで勝てる実力があっても最初は負けまくります。自分だけかと思って落ち込んでいたらFIFAあるあるのようです。最初の頃50連敗くらいするのがお約束。奮起できる人ならプレイする価値ありです。

オフラインプレイといえばウイイレのマスターリーグ、あるいはFIFAのキャリアモードですが、オフラインプレイしかやらないという方にはウイイレがおすすめです。

FIFAのキャリアモードは移籍交渉の楽しさはあるのですが、スカウトして時間が立たないと選手能力が分からなかったりしてリアルと言えばリアルですが少し面倒。

時間の進め方も面倒です。マスターリーグを重視するなら素直にウイイレをおすすめしたい

結論 FIFAとウイイレの違いは


FIFA 21は特に守備の難易度が高く、オンライン対戦は猛者ぞろいでウイイレでは物足りなくなってきた人向けという感じです。

カジュアルに楽しみたい方や友達と盛り上がりたい方、マスターリーグをじっくりと楽しみたい方ならウイイレをおすすめします。価格もFIFAの半額くらいです。

ウイイレを極めて物足りなさを感じたら、改めてFIFAを買えばいいと思います。

created by Rinker
エレクトロニック・アーツ

Steamにおすすめのコントローラー

  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。