ニーア レプリカント リメイクは「Nvidia GT1030」で快適にプレイできるのか

2021年6月29日

Steamのサマーセールで『Nier Replicant( ニーア レプリカント)ver.1.22474487139...』が25%OFFになっていたので購入しました。『Nier Automata(ニーア オートマタ)』では若干力不足を感じたグラフィックボード「Nvidia GT1030」でニーア レプリカントを快適にプレイできるのかを見てみます。結論から言うと普通にプレイ可能です。

ちなみに ニーア レプリカント のシステム要件は下記の通り。

 最低推奨
OSWindows 10 64-bit
プロセッサAMD Ryzen 3 1300X
Intel Core i5-6400
メモリ8GB16GB
グラフィックAMD Radeon R9 270X
NVIDIA GeForce GTX 960
AMD Radeon RX Vega 56
NVIDIA GeForce GTX 1660
DirectXVersion 11
ストレージ26 GB 利用可能
追記事項60 FPS @ 1280x72060 FPS @ 1920x1080

当方の環境は

システム環境

OS:Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.16299 Build 16299)
CPU:Intel Core i7-4790 CPU @ 3.60GHz
RAM:16GB(16290.324MB)
グラボ:NVIDIA GeForce GT 1030(VRAM 1992 MB)
ともぞう

最低要件にある「NVIDIA GeForce GTX 960」はGT 1030の2年前に登場したものですが、ベンチマーク的にはGT 1030よりも上。とすると当方の環境では最低要件を満たさないものとなっています。

結論 ニーアレプリカントは普通にプレイ可能

『Nier Replicant( ニーア レプリカント)ver.1.22474487139...』はNvidia GT1030という最安価なグラフィックボードでも普通にプレイ可能でしたが、解像度1920 x 1080/最高画質のプレイではfps27程度となりました。

解像度1920 x 1080の場合、最低画質に落としてもfpsに変化なし。

解像度を最低の1280 x 720まで落とした場合だとfps51程度をキープしました。こちらの場合も画質設定によるfpsの変化はなし。

やはりオリジナル版のニーア レプリカントはPS3のゲームが土台となっているため、リメイク版もそこまでの美麗グラフィックではないことがそこそこ快適にプレイ可能な要因となっていると思われます。実際にプレイした感じだとfps27程度でも違和感は感じません。PS3の場合は「720pで30FPS」が基準とのことなので、PS3よりはマシ程度の画質です。

ヌルサクという訳ではないものの、ストーリーを違和感なく楽しめるレベルです。

解像度については4Kに対応しているようですが、GT1030の場合は解像度1920 x 1080までしか選べません。解像度1920 x 1080場合はNvidia GTX1650 SUPER程度のグラボだと上限値の60fpsが出せるようです。4Kで60fpsを出すにはRTX3060Tiクラスのものが必要なようです。

まとめ

4Kディスプレイを持っていないのであればNvidia GT1030でも許容範囲という感じです。

60fpsでプレイしたいならGTX 1660辺りが必要ですが、今マイニングのせいで異常に高い(涙目)。最近は下がり目ということなのでもう少し待ってみたい。

余談ですが、ニーアレプリカントは名作です。このページに来るようなゲーマーの方はニーアオートマタと併せてどうぞ。

  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。