神ゲー「テイルズ オブ アライズ」は「NVIDIA GeForce GTX 1650」で快適にプレイ可能か

2021年10月18日

Steam版「テイルズ オブ アライズ」(以下、アライズ)を『Nvidia GeForce GTX 1650』で快適にプレイできるか試してみました。結論から言うと快適にプレイ可能です。

テイルズ オブ アライズ のシステム要件は下記の通り

 最低推奨
OSWindows 10 64-bit
プロセッサIntel Core i5-2300
AMD Ryzen 3 1200
Intel Core i5-4590
AMD FX-8350
メモリ8GB
グラフィックGeForce GTX 760
Radeon HD 7950
GeForce GTX 970
Radeon R9 390
DirectXVersion 11
ストレージ45GB 利用可能

当方のシステム環境

OS:Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.16299 Build 16299)
CPU:Intel Core i7-4790 CPU @ 3.60GHz
RAM:16GB(16290.324MB)
グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650

設定項目

テイルズ オブ アライズのグラフィック設定項目はこんな感じです。

テイルズ オブ アライズのグラフィック設定項目

設定できる解像度は

  • 1366 x 768
  • 1600 x 900
  • 1920 x 1080
  • 2715 x 1527

以下ではフルスクリーンモードでの検証になります。

高画質

上記設定画面は最高画質での設定です。初期設定では「描画解像度のスケール」は「100」。初期設定だと常時60fpsという感じで動作。プレイに全く問題はありません。

初期設定を少しいじってアンチエイリアスを最高設定にしたところ、fpsは常時55-60fps程度。なお、検証時はフレームレート制限を解除していますが、あまり数値に変化はなく、GeForce GTX 1650の性能ではこの辺りが限界であると推察されます。

最高画質

解像度を1920 x 1080、「描画解像度のスケール」を最高の「200」 にしたところ、fpsが大幅にダウン。およそ25fpsで明らかなカクツキが見られました。解像度を最低の1366 x 768に落とすとおよそ60fps程度になりますが、 「描画解像度のスケール100 & フルHD」よりもかなり画質が荒くなるので、意味なし。解像度1600 x 900の段階でfpsは大幅にダウン。

比較画像

次に、高画質(一枚目)と最高画質(二枚目)の画像を比較します。クリックで拡大します。

高画質
最高画質

よく見ると背景のテクスチャーに若干の違いがあります。最高画質ではクッキリと映っています。ただ、高画質でも充分キレイ。

左が高画質で右が最高画質。

評価

ディスプレイがフルHDまでなら最高画質にする恩恵はあまりないかもしれません。初期設定でも充分にキレイで常時60fpsなので、GeForce GTX 1650があれば快適にプレイ可能です。

また、当方は初期設定からアンチエイリアスだけ最高設定にしてプレイしています。fpsは平均55ほどで、瞬間的に47程度に落ちることがありますが、画面上ではカクついたりということはなく、快適にプレイしています。

グラボの温度とファンスピードですが、初期設定+アルファのフルHDでのプレイで2時間ほどプレイした時点で67℃をキープ(室温26程度)。ファンスピードは常時41%。ファンはかなりうるさいので、MSI Afterburnerで温度を見ながらファンスピードを落とすと良いです。

番外編 神ゲーになった「テイルズ オブ アライズ」

「テイルズ オブ シンフォニアはゲームキューブでしか出さない」と言われてゲームキューブを買い(後にPS2で販売)、 「テイルズ オブ ヴェスペリアはXbox 360でしか出さない」と言われて Xbox 360 を買った(後にPS3で完全版が販売) テイルズファン(カモ)です。番外編以外のものはヴェスペリアくらいまでのタイトルを全部プレイ。ハードがPS4になってから興味を失ったテイルズですが、アライズはSteamでも販売、なおかつプレビュー画像を見る限り面白そうだったので思い切って購入。

久しぶりのテイルズですが、評判どおりの神ゲーでした。

以下レビューです。最後にプレイしたエクシリアとの比較になります。

物語は面白く、演出もアツい

過去の作品と比べても上位を争う出来だと思います。プレビュー画像など見る限りは随分雰囲気が違って見えましたが、ちゃんといつものテイルズという感じで往年のファンも違和感なく楽しめる作品だと思います。

キャラデザがいい!

ヒロインのシオンかわいい。それだけで買う価値あり。また、プレイ前は今までと違う大人っぽいテイルズみたいな雰囲気を予感していましたが、仲間とのノリはいつものテイルズという感じで安心。コミカルなスキットも健在。

今作のヒロイン

テンポがよく快適にプレイ可能

バトルスコア表示をフィールド画面に戻ってから表示したり(その間移動することが可能)、スキットでセリフスキップ出来たり、一度行った場所へファストトラベル出来たりとストレスなく楽しめる仕様になっています。この辺りの快適性はしっかりと時代の流れを汲んでいて好感が持てます。

過去最高のバトルは爽快感がすごい

今回はバトルシステムが一新。XYAボタンに技を割り当て、R1で通常攻撃。最初は違和感があるもすぐに慣れます。技の出し間違いがなくて良い。さらに今回は空中専用技が追加。空中コンボはテイルズのおおきな魅力。これがやりやすくなって非常に良いです。もともとバトルの楽しさに定評のあるテイルズですが、最高に磨きがかかりました。

さらに秘奥義だけでなく、ブーストストライクという個人の特殊効果のある技(ガードブレイクや魔法キャンセルなど)の他、コンボを続けることで強力な必殺技が発動。二人技ですがキャラは6人なので15通り存在。これがドーンと決まってバトルが終わると爽快感があります。

CPシステムの導入

戦闘中の技・魔法は時間経過などで貯まるアタックゲージを消費するシステムですが、回復魔法専用のCPポイントと呼ばれるものがあります。回復魔法をガンガン使っているとすぐになくなり、宿に泊まったりオレンジグミなどのアイテムで回復。このマネジメントが結構シビア。無限に回復というわけには行かず、緊張感があります。いいバランスの難易度だと思います。

料理システムも健在 釣りでしか取れないアイテムも

今回は宿に泊まったときに料理を作るシステム。料理には効果時間があり、バトルで消化される仕組み。キャラごとに得意料理があり、追加効果が得られるのもお約束です。釣りもなかなか考えられていて楽しいです。

残念ポイント

敢えて残念ポイントを挙げるとナム孤島のようなお楽しみステージの不在。あとはバトル後の会話がほとんどなくなってしまいました。ラスボス手前ですが、恒例の「ちょろ甘」セリフも2度しか聞けていません。

まとめ

個人的に過去最高になったテイルズ。高評価なのも頷ける納得の内容。ちょっと高いですが、買ってよかったです。

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント
created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント
  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。