今が狙い目の一眼レフ ミラーレスでなく「Nikon D3400」にした理由

子供4人抱えていて、幼稚園のイベント等、カメラが2台あった方がいい、ということで、初めての一眼レフカメラ、「Nikon D3400」を購入しました。ダブルレンズキットです。

スポンサーリンク




一眼レフかミラーレスか。それが問題だ。

今のトレンドで言えば、まあミラーレスでしょう。ミラーレスは鏡でなく映像を処理してディスプレイに移す時間に遅延が生じる、というデメリットがありましたが、もはや最近はその差がないといっても過言ではないようです。将来的には、ミラーレス化していくのは間違いないでしょう。

そんななか、Canonが初のミラーレスを出したこともあり、ミラーレスが盛り上がってます。逆に言えば、一眼レフ、中でも、ミラーレスと直接競合するエントリーモデルの一眼レフが狙い目!

エントリーモデルとして推したいのが、今回私の買った「Nikon D3400」あるいは「Canon EOS Kiss X9」。

Nikon D3400」(2016年9月16日発売)がレンズキットで5万、ダブルズームキットで6万程度。最新型のCanon EOS Kiss X9の場合だと、レンズキットで6万、ダブルズームキットで7万程度。本体は消耗品で、レンズは長く使えるとのことなので、ダブルズームキットを用意したいところ。個別で買うと高いです。

両社の性能的な違いですが、性能的には、Nikon D3400の処理エンジンが一世代古い(UIが古い印象を受けることも)らしいのですが、多分処理エンジンが少し古くたって、素人には分からないと思います。

また、センサーサイズはNikon D3400Canon EOS Kiss X9共にAPS-Cに準じた規格。フルサイズの40%程度とのことですが、フルサイズとなると最も安いものでもボディだけで10万を超えてしまいます。フルサイズの方がいいと思いがちですが、そもそも、広い範囲を撮らないのであれば、フルサイズは別段必要ないという意見もあります。

子供を撮るのが中心で、写真を見るのはせいぜいFHDの液晶 or iPhone程度、なおかつ、プロカメラマンになるわけでもないので、これで十分であるとの結論に。やはり、ライブビューでなく、ファインダーでバシバシ撮れる一眼レフはいいものです。無論、液晶を見ながら撮るライブビューモードもついてますけどね。

また、ミラーレスのメリットである軽さ。例えば、キャノンのミラーレス、EOS M100で約302g。Nikon D3400Canon EOS Kiss X9で約460g程度。分かりやすい例でいうと、iPad mini 4が298g、最新型iPadが469gです。このくらいの違い。

これをどう捉えるかですが、私の意見は、結局レンズ重いやん?本体がどうであれ、レンズの重さは同じで、そこそこの重量になります。肩に掛けるときに、この160gの差がそこまで違うかというと、そこまでではないのではないかと思います。250mlのペットボトルの中身が半分ちょい残っている程度の差なので、重さの面ではミラーレスに圧倒的利点があるとは思えず。

さらに、結局カバンに入れて持ち運ぶことを考えると、カバンの重さ(軽くても400g程度)も加わってますます160gの割合は少なくなります。

とは言え、軽いに越したことはない、ということでNikon D3400Canon EOS Kiss X9をお勧めしている訳です。

個人的にはダブルズームレンズキットで6万のNikon D3400が狙い目かな、と思います。買ってから気づきましたが、何かとアクセサリー(後述)が必要になってくるため、予算は余裕を持って確保したい。

ただし、Nikon D3400にはWifi接続がありません。ただし、Bluetoothには対応しており、Bluetooth接続を利用するSnapBridgeというアプリで、スマホに接続して写真を取り込むのは可能です。Canon EOS Kiss X9はWifi対応です。

Wifi接続は試したことがないので、SnapBridgeと比較して使用感が優れているかどうかは分かりませんが、microUSBコードでPC接続して写真を取り込むことが出来るので、今回は気にしないことにしました。いざとなれば、Wifi付きSDカードを用意すればよろし。

性能云々については、正直よく分かりませんが、キレイに撮れていることだけは確かです。また、今のところ、後継機にかんする情報はなく、もう少し待てば価格がさらに下がる!という状況にはありません。

Nikon D3400の付属品と必需品のアクセサリーについて

ニコンのダブルレンズキットの付属品は、ストラップ、バッテリー、バッテリーチャージャーのみ。SDカードで記録しますが、付属していないので、自前で用意する必要があります。フルサイズなので、microの場合はアダプタが必要です。

その他、絶対にあった方がいいのが、レンズ保護フィルター。これはレンズに被せ、キズやほこり、不慮の事故からレンズを守るフィルターです。レンズは超デリケート&高価なので、あった方がいいです。存在を知らなかったので、買う前に使っちゃいましたが、出来れば使用前に買ってつけてから使った方がいいでしょう。レンズに小傷が入ってしまい、テンションがた落ちということになりかねないです。廉価な他メーカーのものもありますが、レビューを見る限り、純正が安心です。

レンズ保護フィルターはレンズ口径を確認する必要がありますが、レンズに記載されています。Nikon D3400は55mmと58㎜です。レンズキットの場合は、望遠レンズは付属してないので、58㎜のものは不要です。

Canon EOS Kiss X9は、2つのレンズ共に58㎜です。

レンズキットなら1個、ダブルズームキットなら2個必要です。

さらに万全を期すなら、フードがおススメとのこと。キズはもちろん、紫外線の影響をカットしてくれるシロモノです。

あと、カメラバッグ。持ち運ぶなら必須です。とりあえずこれを購入。

FOSOTO カメラクリーニングキット 6点セットと合わせて注文すると、この商品がタダになります(\1,000相当)。

まとめ

良い写真が撮れるのはもちろんですが、スマホの性能が向上している今、敢えてカメラを買う必要性は低くなっているのですが、それでも一眼レフが売れている理由として思い当たるのが、一眼レフをいじる楽しさ。これに尽きると思います。こればかりは持ってみないと分からないのですが、安価なものでも一眼レフを持てば、写真を撮りたくなります。少々高い買い物ですが、買って良かったと思います。

(Visited 21 times, 1 visits today)