『Nvidia GeForce GT 1030』で『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』のベンチマークを計測&プレイした感想

2017年9月30日

前回紹介したグラフィックボード「Nvidia GeForce GT 1030」 (VD6347)を手持ちのデスクトップPCに挿して各種ドライバーをインストール。
すると自動でPCに入れているゲームを認識してくれました。

「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」のベンチマークを計測したいと思います。

システム環境

OS:Microsoft Windows 10 Pro (ver.10.0.16299 Build 16299)
CPU:Intel Core i7-4790 CPU @ 3.60GHz
RAM:16GB(16290.324MB)
グラボ:NVIDIA GeForce GT 1030(VRAM 1992 MB)

ファイナルファンタジーXIV(FF14)ベンチマーク x GeForce GT 1030

満を持して、FF14ベンチマークを1920×1080の最高品質で走らせてみるとカックカクだったムービーが見事にサクサクに。最高品質ではやはりフレームレートが足りない感じは否めませんが(体感的に15-20ftp)処理がカクついたりと言ったことはありませんでした。

最高品質・Direct 11・解像度1920×1080のベンチマーク結果がこちらです。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

SCORE:3,574
平均フレームレート:23.887
評価:快適
-快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。

ローディングタイム:61sec

参考までにグラボが無かった時のベンチも載せておきます。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク(グラボなし)

SCORE:782
平均フレームレート:4.462
評価:動作困難
-動作に必要な性能を満たしていません。

ローディングタイム:273 sec

fps衝撃の4.462

グラフィックボードを挿してPCを起動した瞬間に効果を体感

ゲームが快適にプレイできるようになったのはもちろんですが、実はゲームを起動する前に既にグラフィックボードの効果を体感。

今まではディスプレイの仕様なのかやたらコントラストが高く、灰色の部分や水色の部分が白飛びして全く見えない状況だったのですが、普通に見れる感じに変わりました。

VGAからHDMIに変えたせいかもしれませんが、助かりました。

あと全体の色味が落ち着いた色味に変化。例えるならグレア液晶からノングレア液晶に変わった印象になりました。

ファイナルファンタジーXIV(FF14)を実際にプレイした感想

少し動かしただけで感動した!今までのプレイは何やったんや、というくらいの激変ぶり。

これまで比較の対象がなかったのでこんなものかなと思っていましたがもうグラフィックボードなしには戻れませんな。

グラフィックが劇的変化

グラフィックボードの無かった今までの画質がPS2後期~PS3初期くらいだとするとグラフィックボードを増設した今の環境はPS4並
今までは動作優先でグラフィック関連の設定を最低にしてプレイしてましたがそれでも20fpsくらいが精一杯。

個人的にDirect 11にする恩恵は感じなかったのでDirect 9の標準品質(デスクトップPC)でプレイしてみました。
この組み合わせだと60fpsくらいです。サクサク動くし地面のテクスチャなど明らかに変化。キレイで感動。

現在はDirect 11でプレイしています。45~50fps程度。

また視点移動も今まで「うみょーん」といった感じだったのですがそれが「キュッキュッ」といった感じのキビキビとした動作に変わりました。
カメラワークが速くなっただけでなく視点移動中も画面が全くブレない。普段の移動は勿論走りながら戦う「アーチャー」プレイで効果抜群。

読み込み時間が劇的に短縮

読み込み時間はHDDに依存しグラフィックボードには関係ないと思っていましたが、読み込み時間がかなり短縮されました

ベンチマークのローディングタイムも273秒から61に激減

上のベンチマークの結果を見ても明らかなのですが実際のプレイにおいても体感出来る速さで変わりました。なんでや!

システム周りの快適性が大幅にアップ

実際にプレイをしてスタートボタンを押した瞬間に驚愕!メニューの開きが超速い。メニューの移動も超速い。
今思うと以前はボタンを押したあと僅かにラグがありましたがそれがなくなり超高速レスポンスになりました。

今まではそんなものかと思って気にしたこともないですが明らかな違いにびっくりです。
特にジョブを切り替える際など高速&快適に操作可能となりました。

『Nvidia GeForce GT 1030』で『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』のベンチマークを計測&プレイした感想 総括

グラフィックボードはただグラフィックを向上させフレームレートを上げるだけのものかと思っていたので読み込み時間の短縮や、システム周りの快適さのアップなど、グラフィック以外にも大きな恩恵があることを実感。

ゲームを快適にプレイするのにやはりグラフィックボードは必須だと強く感じました。

最高品質で遊ぶなら物足りなさを感じると思いますが「それなりにキレイならいいや」という人や、古いディスプレイを買い換える予定がないという人、ケースの都合でロープロファイルしか無理な人なら「Nvidia GeForce GT 1030」も十分選択肢になると思います。

買ってよかったです。

※グラフィックボードが軒並み異常に値上がりしていますがマイニングに使えそうにないGT 1030はまともな価格を維持しています

  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。