Google Chromecastでアマゾンプライムビデオを快適に視聴中

アマゾンレビュー

Google ChromecastかAmazon Fire Stickか、それが問題だ。

我が家にスマートTVが到着し、スマートTVの便利さに感動。

自室のTVもスマートTV化したくてGoogle ChromecastAmazon Fire Stickを買おうと決意。現在最もよく使っているのがamazon prime videoなのでAmazon Fire Stickにしようかな、と思ったのですが、レビューを見るとすぐ壊れた、発熱がすごいなど酷評が多い。かつ将来利用を検討しているdTVもGoogle Chromecastの方がUI的に優れているとのこと。

酔った勢いとGoogle贔屓な気質が相俟って結局Google Chromecastを購入しました

スポンサーリンク

買ってよかったGoogle Chromecast

Google ChromecastはAmazonで購入しました。現在は4KTVに対応しているGoogle Chromecast Ultraと通常のGoogle Chromecastがあります。自室のTVが4Kではないので2Kのものを選択。黒と白があるのですが、白にしました。Google Chromecast、いつの間にか第三世代になっているんですね。デザインも初期型、第二世代と比べて洗練されています。


中身はアメリカ製品らしくシンプルで、本体、充電コード、充電器と簡単な説明書のみ。

早速Google ChromecastのけーぶいるをTVのHMDIポートに差し、付属品のUSB電源ケーブルを繋ぐ。設定にはGoogle Homeアプリが必要とのことでダウンロード。アプリを立ち上げると自動で設定が始まります。初回だけ更新で5分ほどかかります。

操作は直感的でシンプル。例えばYouTubeやAmazonプライムビデオなら、下記画像の黄色い〇で囲ったキャストアイコンをタップして接続先の機器(我が家ではスマートTVとGoogle Chromecastが表示されます)を選ぶと再生を開始します。


スマホのボリュームボタンで音量を調整できますが、アプリによってはGoogle Homeアプリから操作します。何もキャストしていないときの表示画面など各種設定もGoogle Homeアプリから設定します。

サラっと書きましたが、Amazonプライムビデオも普通に視聴可能です。PCを起動せずともYouTubeやAmazonプライムビデオを大画面で楽しめるのは非常に良いです。YouTubeはもともとそんなに見ないですが、購入をきっかけに見る機会が増えました。運動不足なのでストレッチの動画など見ながらやってます。

Amazonプライムビデオ 操作感

もう少し詳しく、Amazonプライムビデオの操作感を書きますが、キャスト中はアプリの画面が下記の通りに。再生、停止、10秒送り・戻りやボリュームの調整、バーで再生位置の変更など必要な機能は整っています。

ビデオが終わりに近づくと、PC版と同じく、[次の動画を再生]アイコンが登場。それをタップすると次の動画へ。

スマホのバッテリは?再生中の操作は?

個人的に一番気になっていたのがココ。プライムビデオを流すなど、かなりバッテリを食うのではないかと思ってましたが、杞憂。

というのも、Google Chromecastはスマホからストリーミングしているのではなく、自力で動画を見つけてきて再生しています。いわば動画再生に特化したミニPC。

スマホから行うのはあくまでリモコンとしての機能のみ。なので一旦キャストが始まれば別のページに行こうが電源を切ろうが動画は再生を続けます。動画をキャストしつつスマホゲームをすることも可能です。

バッテリもリモコンの信号を送るだけなので全く消費せず。上の画像は2時間くらい動画を流しまがらちょこちょこスマホを使っていた後なのですが、バッテリは95%残っています。

動画の画質はバッチリです

↓Chromecastでキャスト中のTV画面をスマホで撮影。

キャスト再生可能かどうかはアプリの対応次第

キャストできるかどうかはスマホアプリでキャストアイコンがあるかないかで判別可能です。ないものは基本無理。

ここは各社対応が分かれており、例えば・・・

・Abema TVにはあるが、Tverにはない
・FODプレミアムとParaviにはあるが、日テレアプリ、テレ朝アプリ、テレ東アプリにはない

これは実際にダウンロードしてみないと分かりません。

また、アプリかブラウザか、で分かれる場合もあり、例えばAbema TVはブラウザ版にはキャストアイコンがないので、PCからキャストするのは無理です。スマホアプリやChromebookのAndroidアプリにはキャストアイコンがあります。

さらに、OSで違うこともあり、例えばAmazonミュージックについては、iOSからの音楽のキャスト不可。Androidからはキャスト可能です。iOSかAndroidかでまた対応が分かれます。ミラーリングについてはAndroidからは出来るようですが、iOSからは不可です。

PCのミラーリングはイマイチ

PC版Chromeブラウザにはキャスト機能があります。デスクトップ、Chromebook、サーフェスで試しましたが、全て利用可能(同一LANであればOK)。ただ画像が良くないです。例えるなら、PS3をHDMIケーブルではなく赤黄白のアナログコードで繋いだような感じで、文字が滲みます。どのPCを使っても同じだったので、PC側の問題ではありません。ここは期待しない方がよいです。

プレゼンに使えるかどうかという点で言えば使えますが、文字が小さい場合無理です。まあプレゼンスライドで小さい文字を使うのはNGなんですが一応。

結論

結果的にGoogle Chromecastで大正解。なお、何もキャストしていない状態だと美麗画像のスライドショーに時刻と天気が表示されます。結構これが気に入っています。

Google HomeアプリでGoogle Photosの写真を流す設定も可能。その他、スライドショーの切り替え速度の他、撮影者、デバイス名、LAN番号、時間、天気の表示・非表示が選択できます。

4Kテレビを持っている人はウルトラを買った方が良いみたいです。おすすめです。

created by Rinker
グーグル(Google)
¥5,073(2020/09/30 07:33:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
グーグル(Google)
¥5,073(2020/09/30 07:33:46時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
グーグル(Google)
¥19,800(2020/09/30 19:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

追記.
小ネタですが、録画機能つきTVの場合、リモコンに一時停止、再生、停止などのボタンがあると思いますが、キャスト中にトイレに行きたくなった時、いつものクセでTVリモコンの一時停止ボタンを押したところ、ちゃんと止まりました。トイレから戻り再生ボタンを押すと、無事再開。ちょっと止めるときはTVリモコンを使うのが便利です。

(Visited 135 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました