Chromecastが途切れる原因と対処法 ec

Chromecastが途切れる原因と対処法

2020年7月22日

どうもChromecastが不安定です。再生をしても接続が途切れてGoogle Homeでも認識しない状態になり、画を止められなくなるなどの現象が起きています。

同じ部屋で使っているChromebookやiPhoneは特にWifiが不調でもないので関係ないと思っていましたが、やはり原因はWifiの弱さだったようです。

Chromecastの受信強度は弱い?

なぜChromecastだけWifi受信強度の問題が生じるかというと、おそらくアンテナの大きさが関係していると思われます。本体が小さいのでアンテナも小さい?さらに設置はぶら下げたままにするのが正解の模様。
水平にしたりすると受信強度が落ちるようです。

余っていたルーターを使って解決

2階建ての住宅住まいですが、モデムとルーターがあるのは1階で私の部屋は2階の反対側。
オンラインゲーム(FF14)をプレイするので1階のルーターからLANケーブルを2階まで這わせてデスクトップPCに直接つないでいたのですが、余っていたルーターを2階の洗面台近くに設置して1階からのLANケーブルを接続。

デスクトップPCへの接続はケーブルを買い足して2階に新たに設置したルーターからとることで今までの環境を温存しつつ、2階のWifi環境を強化。

安価なルーターなので中継機能はありませんが、直接LANケーブルを繋いでブリッジモードにすれば、そこからWifiが飛ばせます。その際のSSIDは新たに設置した(2階の)ルーターのものになります。

ChromecastのLAN設定を変更する際は既存の設定を削除してやり直す必要がありますが、新たに設置した2階のルーターのSSIDを使って設定すると極めてスムーズにつながりました。

今までは認証設定に失敗しそれでもキャストはできるという奇妙な状態で使用していましたが、Google Homeでも認識しないという状況は改善。
現在は快適に使用できています。

まとめ

不安定ながらなんとか動く状態のChromecastは単純にWifi強度が弱いだけかも知れません。
ノートPCやスマホでWifiが受信できてもアンテナの小さなChromecastでも受信できるとは限らず。
ルーターが余っている人はトライする価値はあると思います。

【追記】

ルーターを買い換えることなくWifiを家の隅々まで行き渡せることのできる電波の中継機器「Wifi中継器」を買って2階に設置することでさらに動作が安定しました。
使い方はコンセントに差すだけ。
既存のSSIDに「Extention」が追加されたWifiが飛ぶようになります。パスワードは既存のSSIDのものと同じです。

2,000円ほどなのでWifiの弱さに悩んでいる人にはおすすめです。

Amazonタイムセール
11ac対応TP-Link 無線LAN中継器が特価¥1,680で販売中(820円オフ)

  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。