ド素人がトヨタウィッシュのリアビューモニターを後付けした話

2021年5月6日

クルマをトヨタのWishに乗り換えたのですがバックカメラがついていない。

Toyota Wish
Toyota Wish

車の配線をいじったことなど全く無いのですがDIYでバックカメラを後付けしてみました。

カメラの配線を前まで持ってくるのはハードルが高そうだったので、カメラとディスプレイをつなぐ線が不要なワイヤレスタイプのバックカメラモニターセットを購入。

取り付け方は調べまくったものの肝心なところ(カメラ配線の引き込み方)が載っていないサイトばかりだったので、自分でバックカメラモニターセットの取り付け方を書いておきます。

購入したバックカメラ

値段で選んだのがYakry Y-04 HDバックカメラワイヤレス バックカメラモニターセット

購入した製品がAmazonでなくなったので別商品を表示しています


カメラの画像は付属のアンテナを通してモニターへ送信する仕組みです。後述しますが、結果的に満足です。

back camera with iphone

ディスプレイサイズは意外と小ぶり。iPhone 7sと比較したのが下記画像。カメラはナンバープレートに引っ掛ける形で取り付けます(両面テープ付属)。

念の為に「配列分岐用エーモン 配線コネクター」も同時に注文しましたが、しっかりとカメラセットに同梱されていたのでこれから購入される方は不要です。

カメラの電源線は赤がプラスで黒がマイナス(アース)です。

黒いUSBみたいなものがアンテナ。

カメラの線とアンテナ部分の線はギボシ端子で外れるようになっています。

カメラの線先端のギボシ部分は直径3mmほどなので3mmほどの穴があればカメラの配線を中に引き込むことが出来ます。

作業開始時にバッテリを外しておく

作業の最初にバッテリーのマイナス端子をとりはずしておきます。

ボンネットを開けるとこんな感じでバッテリが取り付けてあるので、金属部分のナットを緩めてネジを外して上にカパッと外します。感電防止のため軍手で作業しました。

Wishの内張り剥がし

ハッチの内張りを剥がしていきます。手でも剥がすことが出来ますがワイヤレスバックカメラと同時に「内張り剥がし」を注文しました。

これが剥がすときに大活躍。¥370程度なので一本あると何かと役立つと思います。

プラスチックの部品の隙間に内張り剥がしの先端を刺しこんでテコの要領で外していきます。奥→サイド→天井の順で外します。

Wish内張り剥がし Step 1
まず奥の内張を外す
Wish内張り剥がし Step 2
次にサイドの内張を外す
Wish内張り剥がし Step 3
最後に大きいプラスチックを外す。落下時に頭を打たないよう注意

カメラの取り付けと配線の引き込み

次にカメラ配線の引き込み口を探します。Toyota Wishの場合は「メッキガーニッシュ(Wishのロゴのある金属板)」の裏に穴があるという情報をキャッチし、とりあえずメッキガーニッシュを取り外してみました。

Wishのメッキガーニッシュ
メッキガーニッシュ

メッキガーニッシュはハッチ側から5箇所のボルト&ナットで取り付けてあることを発見。

これはハッチを裏から見上げた画像ですが、白いところはコネクタが刺さっているので取り外します。これはバックドアのセンサー部分です。

これを取り外した状態でバックドアが閉まってしまい開かなくなって一時パニック。バッテリを接続し、後部座席から侵入してセンサーに刺さっていたものを再び取り付けるとバックドアが無事開きました。

メッキガーニッシュの裏側とバックドア取手の配線コネクタ部
メッキガーニッシュの裏側とバックドア取手の配線コネクタ部

六角レンチでナットを外して行きます。ナットを外したあとはハッチ側のプラスチックの白いピンみたいなものをペンチで挟みながらメッキガーニッシュを引っ張ると取り外すことが出来ます。

問題発生① ガーニッシュの裏に穴がない

ガーニッシュを外すところまでは順調でしたが外してビックリ。カメラ配線を引き込めそうな穴など存在しない。

これは困った。

さすがに手持ちの電動ドライバーでハッチに穴を開けるのはパワー的に無理そう。とここで圧倒的閃き。

メッキガーニッシュは4本のボルトで留めれば十分じゃないかということでボルトの穴を利用してカメラ配線を引き込むことにしました。

Wishのメッキガーニッシュ
Wishのメッキガーニッシュ

↑右側の穴は本来ボルトがありましたがここをラジオペンチで横に動かして取り外しました。

メッキガーニッシュを外して下から見たところ
メッキガーニッシュを外して下から見たところ

無事にカメラの配線を中に引き込むことが出来ました。これで一旦ガーニッシュは取り付けます。

カメラをナンバープレートに引っ掛ける
カメラをナンバープレートに引っ掛ける形で設置

カメラの電源を取る

カメラの引っ掛けるところをナンバープレートに付けたあとはカメラの電源を確保しなければなりません。

ハッチ裏にあるバックランプの配線にエレクトロタップでカメラ電源線を噛ませるというプラン。

バックランプはバックギアを入れた時に通電する仕組みなので、ここから電源を取ることでバックギアを入れたときにカメラにも通電する仕組みです。ここで使うのが同梱物のエレクトロタップ。

エレクトロタップは2本の配線に金属片を食い込ませて通電させ電源を分岐するという部品。ググれば使い方が出てきますが基本的にはバックランプコードを通してストッパーの付いているところにカメラ電源コードの先端を入れ、金属部品をプライヤーでグッと挟み込むだけで電源を分岐させえることができます。

Wishのバックランプの白配線はプラス
Wishのバックランプの白配線はプラスで黒はアース

なおWishはバックランプの白線がプラスで黒線がアースでした。これを確かめるために買ったのが検電テスター

ワニ口を金属部に噛ませてアースを取り、針を通電部に当ててLEDが光ればプラスを表すというものです。配線のどちらがプラスかは車種によって異なるとのことなので、一応確かめたほうが良いと思います。

失敗談

バックランプと間違えてナンバー灯からカメラの電源をとってしもたがな!これではライトを入れた時に通電しバックギアに入れたときには通電しない。

配線を終えバックギアに入れてもカメラが反応しないので、1時間くらい試行錯誤を繰り返す。諦めて眺めていたところ、バックランプでなくナンバー灯であることに気づく。エンジンを掛け「ずおお!いっけぇぇぇー!」と叫んでランプをオン。カメラが無事反応しました。

しばらくこのまま運用していたのですが後日バックランプから配線を取り直しました。ナンバー灯につながっていたカメラ電源の赤線を切り改めてバックランプへエレクトロタップを使って接続。同時にエレクトロタップを買っておいたおかげでことなきを得る。

あとは内張りを全部戻して終了です。

ディスプレイ部分の電源はシガーソケットまたはヒューズからとることができます。ヒューズから取るための部品も同梱されています。私は素直にシガーソケットから電源を取っています。

なお「Yakry Y-04 HDバックカメラワイヤレス バックカメラモニターセット」を買うと購入特典で「3連シガーソケット+2つのUSB+FMトランスミッター」「小型掃除機」「タイヤ空気監視システム」「2台目のカメラ」「アマゾン1,000円ギフトカード」のうち1つをプレゼントしてくれます。私は「3連シガーソケット+2つのUSB+FMトランスミッター」を選びました。

説明書に連絡先がありますが、これはURLではなくメールアドレス。メールするとちゃんと返信が返ってきます。

高感度カメラで夜も安心

まとめ

バックカメラセットは¥6,999ですが、3連シガーソケットは買うと2,000円くらいでFMトランスミッターもそれなりにするので、それらが一体となったものをプレゼントしてくれると考えるとかなりのコスパです。

私はタイムセール特価で¥5,200ほどで入手。かなりお買い得な買い物になりました。

バックランプとナンバー灯を間違える私でも取り付けできたので、DIYでの取り付けは十分可能だと思います。やはりバックカメラがあると安心。おすすめです。

購入した製品がAmazonでなくなったので別商品を表示しています

  • この記事を書いた人

ともぞう

アラフォーのサラリーマンです。ほかに『Chrome通信』や『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』などを運用しています。