Google Translateでオリジナル英単語帳を作ろう

投稿者: | 2018年3月26日

Googleアカウントをお持ちの人なら誰でも利用できるGoogle Docs。Googleドライブへアクセスして(やり方がわからない方は、とりあえず「Googleドライブ」で検索すると真っ先に出てきますので、そこからログイン。左の「新規」をクリックしてスプレッドシートを選ぶと、利用できます)

中でも表計算ソフトのスプレッドシートで便利な関数を発見。それが[=googletranslate(翻訳したいもの,翻訳元の言語,翻訳先の言語)]。例えば、A1セルに「Hello」と入力し、B1セルに「=GOOGLETRANSLATE(A1,”en”,”ja”)」と打ち込むと、「こんにちは」とB1セルに表示されます。この場合、翻訳元は英語なので、”en”、翻訳先は日本語なので、”ja”となります。英語・日本語以外にも様々な言語に対応。

使い道としては、分からない英単語を列Aに打ち込む。あらかじめ列Bに=GOOGLETRANSLATE(A1,”en”,”ja”)をコピーしておけば、翻訳が出てきます。Googleスプレッドシートのファイル(ちょっと語弊がありますがご勘弁)はChromeのブックマークに登録しておけますので、Chromeがあればいつでも呼び出すことが可能。

コピペで翻訳が出るということ以上に、こうして記録を残しておけば、何度も忘れてしまう苦手な単語を知ることが出来るので、語彙は増えていくと思います。オリジナルの単語帳の完成です。ブラウザのGoogle翻訳は文章に向きますが、単語の場合はこうして記録しておくと良いと思います。

(Visited 61 times, 1 visits today)