Googleスプレッドシートで英英辞書つき英単語帳を作ろう

投稿者: | 2018年4月18日

前回の記事:Google Translateでオリジナル英単語帳を作ろう | 只今、迷走中の続き。

やはりどうせなら、英英辞書を付けた方がいいのではないかと思案。それも自動で変換するのが望ましい。

ということで、やってみました。

GoogleスプレッドシートにJavaの機能を組み込むスクリプトエディタを使いますが、Javaの知識がなくても出来るように手順を書くので、やってみてください。

スクリプトエディタを起動

[Googleスプレッドシート>ツール>スクリプトエディタ]と進みクリック。
[ファイル>新規作成>スクリプトファイル を作成]。名前は好きに。とりあえず、eng_to_eng.gs(gsはJavaScriptのファイル形式です)とします。

コードを記述

以下をコピペし、[ファイル>保存]

function eng_to_eng(keyword) {
var response = UrlFetchApp.fetch(“https://glosbe.com/gapi/translate?from=eng&dest=eng&format=json&phrase=”+keyword+”&pretty=true”);
var root=JSON.parse(response);
return(root.tuc[0].meanings[0].text);
}

意味ですが、一行目で「eng_to_eng」という関数を指定。引数にkeywordを指定。

2行目でresponseという変数を作成、https://glosbe.comというサイトから引数に指定した単語の訳のデータを取得します(APIという技術によるもの)。from=eng、dest=engとしてありますが、fromで指定したものが翻訳元の言語コード、destでで指定したものが翻訳先の言語コードです。例えば、from=eng、dest=jpnと指定すると英和になります。

[var root=JSON.parse(response);]は変数 rootを作成し、データを文字列に変換したオブジェクトを作るためのものです。
[return(root.tuc[0].meanings[0].text);]で[翻訳先のデータを取得し、表示させます。

コピペし、保存したら、[実行>関数を実行>eng_to_eng]をクリック。これでオリジナル関数eng_to_engが登録されます。

後は、他の関数と同様にeng_to_eng()を使用可能。

例えば、A2セルに[relegate]、B2セルに[=eng_to_eng(A2)]と指定すると、B2セルに[Refer or submit]などと出てきます。

(Visited 19 times, 4 visits today)