京都小川珈琲 華やかな香りのブレンド

投稿者: | 2016年7月12日

京都小川珈琲 華やかな香りのブレンドを頂きました。
豆はエチオピア、ブラジル他とあります。粉は中挽き、ロースト具合は中くらいといったところ。早速ドリッパーで入れてみます。結構ガスが出てきます。新鮮さのあかしです。

香りは酸味オンリーな感じを予感させるものです。味わいですが、今回から粉薄めにつくったときと粉多めにつくったときの違いなどに着目してレビューしたいと思います。

ボッサ コナスクナーチョ(ちょい薄めにつくったやつ)

早速味わいましたらキリッとした酸味に少し苦味が混じる、といったところ。淹れ方が悪かったのか、少し酸化した時に出てくるすっぱさが出てしまいます。ボディはライトでコクはなく、すっきりとした味わいです。

カフェ・コカナ(濃い目につくったやつ)

濃い目に作ってみたらば酸味がコレでもか!というくらい主張する感じになりました。嫌な酸味ではなく、スッキリとした味わいのものです。薄めにつくったときに感じた苦味が弱体化して酸味が立ちます。コクがないところはボッサ コナ・スクナートと同じです。

京都小川珈琲 華やかな香りのブレンド まとめ

酸味主体のエチオピアという感じが主体のコーヒー。今まで飲んだ中では一番酸味が強いコーヒーです。酸味がとにかく好きで苦味不要、という方にはうってつけ。また、スッキリとした酸味は暑いこの時期にぴったりです。エチオピアを感じてどうぞ。

(Visited 12 times, 1 visits today)