ヒルス ブレンドゴールド

投稿者: | 2017年3月23日

ヒルス ブレンドゴールドを飲んだ感想です。

これは母親に「あんまり美味しくないで!」と言いながら渡されたものです。アマゾンのレビューを見ても「美味しいです☆」と言いながら星3つという謎レビューがあるだけ。そのお味はどうなんでしょうか。

アマゾンの説明によると

1878年米国にて創業しコーヒーの香りを長期間保つために世界で初めて缶入りレギュラーコーヒーを発売しました。創業当時のブレンドコーヒーを日本人の繊細な嗜好に合わせ、味わい深いマイルドテイストで提供しています。世界で親しまれてきた伝統の味わい、香り高いまろやかなマイルドテイストをぜひ一度お試しください。アラビカ種コーヒー豆を100%使用しています。

とのこと。

アラビカ種について

おさらいですが、コーヒーの豆は大きく分けてアラビカ種とロブスタ(カネフォラ)種に分かれます。アラビカ種は病気や害虫に弱く、栽培が難しいが香り高いという特徴があります。一方ロブスタ種は病気や害虫に強く、成長も速い分、香味が弱い。そのためアラビカ種はインスタントコーヒーや安いコーヒーの原料となります。

アラビカ種100%ということで香りに期待できそうです。なお、原産国はコロンビア、ブラジルとあります。どちらもコーヒーの大産地です。

ヒルス ブレンドゴールド 味わい

まず蓋を開けるとプルトップになっているので開けたならば、香りが余り漂ってこない。ブワッとした香りはなく、鼻を近づけて嗅ぐと感知できるといったところ。

早速味わうと、あっさりさっぱりとしたコーヒーです。酸味はきりっと爽やかなもので、とても良い。コク・まろやかさは感じず、あっさりとしています。酸味が好きな人なら納得できる味ではないでしょうか。

また、スッキリ爽やかなコーヒーなので、ケーキのお伴にいいと思います。お口直し的に飲むと効果抜群。

ヒルス ブレンドゴールド 淹れ方

1つ注意点ですが、このコーヒー、粉の量が多いと酸味を通りこして酸っぱくなります。それもインスタントコーヒーのような酸味になってしまって台無しに。正直最初はいつも通りの量で淹れたところ、なんじゃこりゃ、となりました。母親が「あんまり美味しくないで!」と言ったのを納得したのですが、粉少な目で作ったところ、いい感じに。

肝心の分量ですが、お湯500ccに対して20g。通常140ccに10g程度と言われているのでかなり薄めになるはずですが、これくらいでちょうどいいと思います。

価格自体はさほど安くないですが、豆が少なくてもいいと考えるとコスパはいいのかも知れません。

ヒルス ブレンドゴールド まとめ

酸味が好きな人にはおすすめ。キリッとした酸味が楽しめます。普通のコーヒーや苦味・コクを求めている人にはおすすめしません。

UCC
売り上げランキング: 44,842
(Visited 78 times, 1 visits today)