ドリッパーのすすめ

投稿者: | 2016年1月22日

現在家でコーヒー飲むのは私1人。ずっとコーヒーメーカーを使っていましたがなかなか場所をとる上、洗うのが面倒臭い。

そこでカップに直にドリップ出来るもの(「ドリッパー」と言うそうです)を発見したので今ではもっぱら使っています。

ドリッパーにもいろいろ種類がありますが、主な違いは

・穴の数
・形とリブ(内部の溝)
・素材 セラミック、樹脂、ガラス、銅など
・フィルターの有無

といったところ。ドリッパーによって酸味や深み、香り、味わいもかなり違うみたいです。それではドリッパーを比較していきましょう。

スポンサーリンク

ドリッパー 穴の数

まず形ですが穴の数は1つか3つ。

原則として穴が1つなら湯がゆっくり落ちるので濃い目に、穴3つなら早く落ちるので薄めになります。

但し、穴1つでも↓の者は穴が大きいので割と早く落ちます。


また、フィルターも専門のものが必要になります(普通のも使えなくはないですが・・)

穴の大きさも大きい方が薄めに。この穴の形状に合わせた淹れ方があるようですが、それはまた次回。

ドリッパー 形とリブの違い

形は大きく台形か逆円錐かに分かれます。

台形なら広範囲に、円錐なら直線的に湯が落ちます。また、円錐でも斜めにリブがあるとそれだけゆっくりと湯が落ちるということになります。

素材についてはあまり味に差はないようですので好みということになります。熱伝導、保温性などの違いがあるかもしれませんが、今のところそこまは拘る予定はありません。

ドリッパー フィルターの有無

通常のドリッパーは紙フィルターが必要ですが、ハリオ カフェオール ドリッパーのようにフィルターを内蔵し紙フィルター不要の商品もあります。

紙フィルターが切れた、という心配がないという他、味に違いがあるようです。どうも紙フィルターを使わないことで珈琲アロマが抽出できるとか。

一方、豆を細かく惹かないと湯が早く落ちすぎる、かといって細かすぎると微妙に粉が混じるといったことも。この辺は好みです。

コーヒーサーバー

ドリッパーを使う場合、カップに直接淹れてもいいですが、一度に多く作る場合はコーヒーサーバーが必要です。

次の記事で詳しく書きますが、基本的にドリッパーとコーヒーサーバーは揃えた方がいいです。

私はカリタのコーヒーサーバーとハリオV60を使っていますが、サイズが合わないのでサーバーにドリッパーを載せると非常に不安定。

ドリッパーの取ってを持ちつつ湯を注ぐのですが、面倒くさい。

いっそドリッパーとサーバーが一体になっているものを買うのもおすすめです。

まとめ

形状が色々あるドリッパー。とりあえず1つ持っておくといいと思います。

(Visited 44 times, 1 visits today)

スポンサーリンク