車検が切れてしまったときに合法的に車を動かす方法

投稿者: | 2017年5月12日

うっかり車検が切れてしまった!という状況になりました。レッカーで持っていくというのもお金がかかりますし、これを機に乗り換えを考えているため、車検を受けずに取り敢えず動かす方法を調べました。

大前提 絶対に運転してはいけない理由

車検が切れたときは絶対に運転してはいけません。なぜなら自賠責保険も切れているからです。

自賠責保険は知らない人も多いですが、運転する限り加盟を義務付けられている保険です。これは人身事故を起こした場合、賠償金が払われない、といったことを防ぐためのものです。

任意保険は自賠責保険で全てカバーできないときのための保険です。自賠責保険だけあればいいのか、というとそうではなく、対物事故などの場合は自賠責保険が使えないので、やっぱり任意保険が必要です。

自賠責保険が切れている状態で運転し、事故を起こせばどうなるか。一生かけても払いきれない額の賠償金を自腹で払わなければならないといったことが起こりえます。じゃあやっぱりレッカーを頼むしかないのか、というとそうではありません。

自賠責保険の月払い

自賠責保険は多少割高になりますが、月ぎめの支払いが可能だそうです。車を動かしたい場合はまずこれに加入しましょう。ディーラーなどへ行けば簡単に出来るそうです。この際、車検証と免許証が必要です。

仮ナンバーを申請

自賠責保険だけでなく、仮ナンバーを申請する必要があります。一例ですが、土浦の場合はこんな感じ。最大5日で返納する必要があるので、この間に車検を済ますなり、倉庫へ持っていくなりします。車検が切れている場合でも、運転しなければ問題ありません。

自動車臨時運行許可 条件など

まとめ

車検切れに気づいたときや、車検切れの車を久しぶりに動かすときなど、この記事のことを思い出して下され。

(Visited 29 times, 1 visits today)